HOME > 情報公開 > 事業報告(平成27年度)

事業所案内

情報公開
  • 現況報告
  • 事業報告・決算報告

◆ 平成29年度 事業報告・決算報告 ◆

1、総括

宮元武壽新理事長の下、法人として新たな出発の年となった。理事長は就任当初より、法人の経営状況の悪化、特に授産事業の改善が急務ということで、育苗マット事業やなびあすの喫茶事業においていくつかの改善策を講じた。29年度の平均工賃は、前年度を僅かではあるが上回る事ができた。しかし、理事会においても、授産事業の選択と集中が今後の課題であるという認識で一致しており、平成30年度以降、現在の事業の再編に更に取り組んでいく事となる。
平成30年3月31日時点での利用者数は、生活介護事業10名、就労継続支援事業B型が26名。生活介護の利用者の内、障害支援区分6(最重度)の方が8名を占めており、就労継続支援事業B型の利用者の中にも、区分4の方が6名、区分5の方が2名おられ、事業所全体としても、介助度、支援度の高い利用者が増えてきている。障害特性に合わせた環境整備や、職員体制の充実、生産活動及び生産活動以外の個別の活動を検討して取り入れていく事などが今まで以上に必要となってきている。
また近年、就労継続支援事業B型よりも生活介護事業の希望者が増えてきているが、職員体制や活動スペース等の理由で、限定的な受け入れしかできない状況である。平成28年度から就労移行支援事業の利用者が0名となり、その後利用希望者もないため事業を休止しているが、こうした利用希望者の状況等も踏まえて、実施事業の在り方の再検討が必要な時期にもきている。

2、利用者利用状況〔平成30年3月31日現在〕

生活介護事業(生産活動型) : 定員10名(実利用者数10名) 出勤率64.7%

就労継続支援事業B型 : 定員24名(実利用者数26名) 出勤率89.9%

就労移行支援事業   : 定員 6名(実利用者数 0名) 出勤率   0%

3、平成29年度 利用者月額平均工賃

生活介護事業(生産活動型): 平成28年度 7,977円(前年度 9,899円)

就労継続支援事業B型 : 平成28年度 26,591円(前年度 26,279円)

※平成29年度の利用者工賃総支給額は 9,516,889円 であった。

4、平成29年度 各授産事業売上

納 豆 : 6,778,330円  ジャム : 2,069,595円

へしこ : 4,230,040円  商 事 : 2,271,350円

マット : 9,287,898円  喫 茶 : 2,277,280円

弁 当 : 9,304,642円  その他 : 1,164,616円

※平成29年度の授産事業総売上額は 37,383,751円 であった。

決算報告

決算報告

決算報告

  • 前ページに戻る
  • 画面上へ

  • 次ページに進む